FC2ブログ
アコースティックで、ハッピーなSwingのオーケストラ「鈴木正男& SWING TIMES」のブログ。頭の奥に、心の裏側に、身体の隅々まで届く軽い音楽のメッセージ。2011年には25周年を迎えます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブの楽しみは、いつものレパートリーをいつものように心地よく聴かせてもらうことはもちろんだが、意外な曲が聴けたり、意外な演奏が聴けたり、そうあることではないが時には一流のプロがトチッタリすることに出会えることなどにもある。
(個人的には、プロが間違えたりすると、今日はいい時に来た、とほくそえんだりするのだが‥)
そこがコンサートなどと違うところで、ライブの面白いところだろう。

「鈴木正男 & SWING TIMES」の定期ライブが10月27日(水)、いつもの南青山MANDALAであった。この日はいくつかのサプライズがあった。
まず第一に、ライブのスタート前にプログラムをみると、1セットの9番目に「Drum Boogie」とある。「SWING TIMES」では聴いたことの無いナンバーである。
(はゝ~、このことだな‥)と思い当たるふしがあった。何日か前に、リーダーの鈴木正男が「今度、面白い曲をやるから━」と言っていた。どうやら密かに何かを書いているらしい素振りだった。そうだ、これに違いない!と思いつつ本番の演奏を楽しみにすることにした。
ヴォーカル長田明子

「Drum Boogie」といえば、まずはジーン・クルーパである。が、この「Drum Boogie」を日本で有名にしたのは、誰あろう故ジョージ川口(2003年没)だろう。
彼流にアレンジした「Drum Boogie」は「原 信夫とシャープス&フラッツ」とのコンビでの売り物で、満場の喝采を浴びていた。そういえばジョージ川口が亡くなってからは、「Drum Boogie」を聴かなくなった。

和製ジーン・クルーパの八木秀樹の火を噴くようなドラムスもよかった。鈴木直樹のアルトも、菊池 宏のトランペットも、ビッグバンド華やかなりし頃を彷彿とさせる演奏だった。「SWING TIMES」の初演、ネタおろしとしては大成功である。
噺家でもネタおろしに立ち会えるチャンスなどというのはそうあることではない。そういう意味からも、この日のお客さんは幸運だったと言えよう。
とはいえそんな風に考え楽しんでいる人など、一人もいないと思うが━。
そんなことを思いつつ古い資料の中から、ジーン・クルーパの「Drum Boogie」を演奏している映像を引っ張り出して聴いてみた。こちらはかすれそうな映像だが演奏はもっと派手だ。
そういえばジョージ川口もジーン・クルーパに憧れてドラマーになったというだけあって、まさに華やかだった。ビッグバンドの、ジャズの華だった。
「SWING TIMES」の「Drum Boogie」も、これからもレパートリーとして大いに楽しませてくれることと思う。

休憩が終わって第2セットの頭が「Danny Boy」だった。
これも今までの「SWING TIMES」では聴かれなかったナンバーである。大体普段我々が聴く「Danny Boy」は、小編成でのテナーなどのフューチャーリングで聴くことが多い。大きな編成で聴くにしても、ストリングス(弦楽器)が加わったムード音楽としてである。
ビッグバンド・アレンジの「Danny Boy」というのも珍しい。ということもないのだが、この殆どベニー・グッドマン一辺倒で来た「SWING TIMES」でやることが珍しいのである。

そういえば、やはり鈴木正男がこんなことを言っていたことがある。
「ベニー・グッドマンに限らず、昔のいい曲を、スイート系の楽しい曲を掘り起こしてやりたいね!」
それがもしホントだとすれば、これは実にいいことである。「SWING TIMES」の演奏会はさらに厚く奥行きの深いものになって、ビッグバンドの、スイングの楽しさを味合わせてくれると思う。
そのはじまりが「Drum Boogie」であり、「Danny Boy」かも知れない。次に何が出てくるか、大いに楽しみだ。

それからデューク・エリントンのナンバー「Prelude To Kiss」。
これも「SWING TIMES」では珍しいナンバーといえよう。エリントン独特のアンサンブルとアルトサックスの吹きまわし━そのアルトは鈴木直樹。この手のエリントンものを今までに鈴木直樹で聴く機会もなかったから、興味深かった。なかなかよかった。さすがである。
アルト鈴木直樹

来年、結成25周年を迎える「鈴木正男 & SWING TIMES」だが、さらに面白くなりそうだ。幅も広がって、ますます楽しくなる。期待して欲しい。

今回のプログラム━
第1部
1 Let’s Dance
2 Don’t Be That Way
3 When You’re Smiling
4 Mostly Mozart
5 St. Louis Blues
6 I Should You Care(vo)
7 Autumn Serenade(vo)
8 I Thought About You(vo)
9 Drum Boogie
10 Memories Of You(orchestra arrange)
11 Stealin’ Apples
第2部
1 Danny Boy
2 Johnson Rag
3 I Knew Why
4 Moonlight Serenade
5 In The Mood
6 When Lights Are Low(vo)
7 My Romance(vo)
8 Oh Gee! Oh Joy!(vo)
9 Well Get It
10 Prelude To Kiss
11 Sing, Sing, Sing
12 Memories Of You
13 One O’clock Jump
メンバーは━
<トランペット>鈴木正晃、菊池 宏、岸 義和、城谷雄策
<トロンボーン>小林 稔、吉池健二郎、大門陽子
<サックス>鈴木孝二、鈴木直樹、田辺信男、唐木洋介、大堀 博
<ピアノ>大橋高志、<ギター>蓮見芳男、<ベース>ジャンボ小野、<ドラムス>八木秀樹

FC2blog テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

【2010/11/02 17:40】 | SWING TIMES
トラックバック(0) |
ビッグ・バンドというのはご存知かと思うが、譜面がなくては演奏できない。
もちろんコンボ(6人位までの小編成)でも基本的には楽譜がなくては演奏できないのだが、スタンダードものなど昔からよく演奏されている曲はプレイヤーの誰もがメロディーもコードも知っている。
だから演奏直前にでも、キー(演奏する調)と、始まり方と終わり方、ソロの順番などの進行方法とテンポを打ち合わせれば(ヘッド・アレンジ)、即演奏に入れる。
もちろんコンボでのスタンダードナンバーでも、イントロを創ったり、途中に効果的なリフ(繰り返しのフレーズ)を創って挟んだりして、そのバンドの演奏のオリジナリティを出すことがある。
そういう時、つまり演奏にキチンとしたイメージのもとでの構成がある場合には、譜面が必要になる。

ところがビッグ・バンドの場合はメンバーが十何人もいる上に、同じ楽器が複数あるからそれぞれ役割を決めておかないと、演奏がメチャクチャになってしまう。
言いかえればアレンジャーが描いた曲のイメージのアンサンブルやソロ、あるいは仕掛けなどをメンバー全員が正確に演奏・再現するのには楽譜がなくてはならない。
つまりビッグ・バンドにとって楽譜は命なのである。

「鈴木正男 & SWING TIMES」はベニー・グッドマンの演奏を追求し、そのスイングを再現することをモットーとしたオーケストラであるために、グッドマンの演奏のできる楽譜が必要となる。
ところがそんな楽譜は売っているわけもなく、手に入れようがない。そこで聴き起こしをするのである。
クラリネット

「鈴木正男 & SWING TIMES」での譜面は、ほとんどがリーダーの鈴木正男がレコードやCDから、すべての楽器分のパート譜を聴いて起こしたものである。
これは実は大変な作業で、まず当然のことながら耳がよくなくてはならない。
たとえばトランペットが1番から4番まで4本あるわけだから、それぞれのトランペットの音をちゃんと捕まえなくてはならない。
トロンボーンなどの中間音の楽器はバックへ回ってアンサンブルをつくることが多く、やはり4本あるからそのそれぞれの音を聞き分け正確にとることは至難の技だろう、と素人考えながら思う。

それからこの譜面起こし作業で大事なことは正確に聴き取ることとともに、和音の進行や変化などの音楽的な理論、さらにアレンジャーの特性や傾向を知っていなければならない。
こう考えるとその作業たるや想像を絶するものがある。
鈴木正男が同じところを何回も聴きながら、五線紙に書きとっている姿が眼に浮かぶようである。
しかしそのお陰で、我々はあのベニー・グッドマンのスイングを改めて聴くことができ、その興奮を堪能できるのである。

先ほど、「SWING TIMES」の譜面はほとんどがリーダーの鈴木正男が聴いて起こしたもの、と書いたが、ではそうでないものもあるわけで、それはどういう楽譜かというと━

ベニー・グッドマンの遺品をはじめとした資料は、アメリカ コネチカット州ニューヘイブン市のイェール大学の「ベニー・グッドマンライブラリー」に収められている。
もちろんその中には実際に使われていた楽譜などもあるわけで、それは演奏を手掛ける者にとっては一度見てみたい、演奏してみたい、という宝物なのである。
鈴木正男も同じで、ベニー・グッドマンに傾倒するあまり、なんとかベニー・グッドマンが実際使っていた楽譜を手にしたい、と執念を持って追求した。
その結果、8曲のベニー・グッドマンオリジナルの楽譜を手に入れた。

1. Down South Camp Meeting
2. When You’re Smiling
3. Sometimes I'm Happy
4. Just You Just Me
5. Anything For You
6. Mission To Moscow
7. Muskrat Ramble
8. Humoresque
の8曲である。文字通り、「鈴木正男 & SWING TIMES」にとっての宝物であり、もう一歩ベニー・グッドマンに近づき沿うためのキーになった。

そういう意味での譜面の宝物はもう一つある。
それは鈴木正男の兄である鈴木章治のオリジナル━
1. Festival And Children(祭と子供)
2. A Ring With Pearl(真珠の指輪)
の2曲である。

「鈴木正男 & SWING TIMES」のライブやコンサートに行くと、これらの曲に出会うことができる。その時は、ベニー・グッドマンの、あるいは鈴木章治のスイングの心に触れて欲しい。
と同時に、鈴木正男をはじめとするメンバーの、スイングにかける熱い心とそこから生まれるスイングを堪能してほしい。

FC2blog テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

【2010/09/21 09:45】 | SWING TIMES
トラックバック(0) |
「Oh! Baby」はクラリネットがリードするコンボ(小編成)で始まり、途中からビッグ・バンドをバックに、クラリネットとビッグ・バンドが呼応しあうというか追っかけあう、スリリングでドラマチックな楽しい曲。

明日から9月、残暑も終わりそろそろ秋風が‥と思いきや真夏でもそうないだろうというような太陽がカーッ!日が落ちてもその余熱がムワーッときて、まさに熱いトタン屋根の猫状態にもかかわらず、南青山MANDALAでの「鈴木正男 & SWING TIMES」の定期ライブはいつになく超満員だった。
SWING TIMES

この日(8月31日)は今いうようにまずお客さまに、そしてメンバーに、さらにプログラムにとドラマチックな要素が揃っていた。
その第一が前述の「Oh! Baby」。
快いテンポの上に、最初はクラリネットと4リズムの掛け合い。それからブラス、サックスセクションが加わり、クラリネットが呼びかけブラスとサックスが同じフレーズで応える。この小気味よさが堪らなくいい。

この曲で想い出すのは、14年前、「鈴木正男 & SWING TIMES」10周年のコンサート(麻布の東京アメリカンクラブでのディナーコンサート)の時、「鈴木章治とリズムエース」のメンバーだったヴァイブラホーンの松崎龍生をゲストに迎え、この「Oh! Baby」をやった。
実はこの前の年(1995年9月10日)、リーダーの鈴木正男の兄鈴木章治が亡くなり、その追悼も兼ねてメンバーだった松崎龍生を加えての「Oh! Baby」だったのだが‥クラリネットにヴァイブ、そしてオーケストラ、それは見事な演奏だった。
ヴァイブこそ無かったが、今回のMANDALAでの演奏も実にスリリングで興奮した。

ドラマチックといえば、ロシアの作曲家プロコフィエフの「ピーターと狼」のスイング・オーケストラ版。
小学生の頃、音楽の時間に鑑賞した「ピーターと狼」。そのピーターのテーマがスイングになって展開していく。スイングジャズのしなやかさというか、遊び心というかシャレっぽさを見たような気がする。
鈴木正男 & 直樹

この日特別サービスといおうか、お土産とでもいおうか、お客さんが大喜びしたスペシャル演奏があった。
この日珍しくリーダー鈴木正男の次男(鈴木章治の甥)鈴木直樹がサックスラインに加わっていた。そこで第2部の始まりに、鈴木正男・鈴木直樹親子の2クラリネットでの「鈴懸の径」があった。
何年に1回あるかないかの、言ってみれば本家本元の「鈴懸の径」である。ただ単にクラリネットが2本揃ったからというだけではない、何ともいえない味のある「鈴懸の径」であった。
鈴木章治と弟正男との2クラリネットの演奏(レコーディング)もあった。そしてその弟とその息子と‥そうか音楽にも、ジャズにもこういうことがあるんだ。いいもんだ‥。

今度近く長田明子のCDを紹介しようと思うが、この日の彼女のヴォーカルも良かった。
中でもメンバーのピアノの大橋高志が書いたという「I Got Rhythm」は、鈴木正男のクラリネットとのユニゾン(同じメロディーを一緒に演奏)でのスキャットがあり、聴き応えがあった。
そして「Georgia On My Mind」は妙に雰囲気をつけない、いかにも彼女らしい歌い方がとてもいい。それに「You Turned The Tables On Me」はオーケストラをバックに、昔から得意としているレパートリーだけに、最近では見られないいかにもバンド付きの歌い手というような雰囲気で大いに楽しめた。
このヴォーカルのもう一つの楽しみは、間奏に誰が立ち上がるか分からないソリストの味わいがある。田辺信男(ts)、唐木洋介(ts)、内田光昭(tb)等々、何とも言えない素敵なソロを聴かせてくれる。
長田明子

この日のプログラムとメンバーを紹介しておこう。
第1部
1.Let’s Dance 2.Goody Goody 3.Anything For You 4.Sugar Foot Stomp
5.Sometimes I’m Happy 6.Georgia On My Mind(vo) 7.September In The Rain(vo)
8.You Turned Table On Me(vo) 9.A Ring With Pearl 10.Smile 11.Peter Ang The Wolf
第2部
1.鈴懸の径 2.Star Dust 3.A String of Pearls 4.American Patrol 5.Moonlight Serenade 6.In The Mood 7.I Got Rhythm(vo)、8.Fools Rsh In(vo) 9.Fly Me To The Moon(vo) 10.Oh ! baby 11.Sleepy Lagoon 12.Festival And Children 13.Happy Session Blues

第1部の9.A Ring With Pearl(真珠の指輪)と、第2部の12.Festival And Children(祭りと子供たち)の2曲は、リーダー鈴木正男の兄 鈴木章治の作曲である。2曲ともに、実にドラマチックで名曲である。

こんなメンバー、なかなか揃わない。この日のお客は大喜びだった。
<トランペット>鈴木正晃、岸 義和、間宮良二、牧原正洋
<トロンボーン>内田光昭、吉池健二郎、小林 稔
<サックス>鈴木孝二、鈴木直樹、田辺信男、唐木洋介、大堀 博
<ピアノ>大橋高志、<ギター>蓮見芳男、<ベース>ジャンボ小野、<ドラムス>八木秀樹
<クラリネット>鈴木正男、<ヴォーカル)長田明子

暑く熱く、ドラマチックな晩でした。
※敬称略

【2010/09/02 20:21】 | SWING TIMES
トラックバック(0) |
「鈴木正男 & SWING TIMES」の<Let's Swing!>へようこそ。
ここはスイングの面白さをいろいろと追いかけてみようという、ビッグ・バンド「鈴木正男 & SWING TIMES」のブログである。
「鈴木正男 & SWING TIMES」は、クラリネットの鈴木正男とシンガーの長田明子によって、1986年に結成されたスイングのオーケストラである。
SWING TIMES

1986年と言えばスイング・ファンの方ならお気づきだろうが、The King Of Swingと呼ばれたクラリネットのベニー・グッドマンが亡くなった年(6月13日。享年77歳)である。
そのニュースを聞いた時、鈴木正男は━
「あゝ、もうあのスイングが聴かれなくなった。スイングも終わるのかな‥」と思ったそうだ。そして当時レコード会社でディレクターをしていた友人の長田明子と話をしているうちに━
「グッドマンの、あのスイングを自分たちで徹底的に追っかけてみよう!」と言うことで意見が一致し、燃え上がったと言う。
そうしてベニー・グッドマンの没した同じ年1986年に誕生したのが「鈴木正男 & SWING TIMES」。フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャースでお馴染みの映画「有頂天時代(Swing Time)」から名前をもらった。

メンバーは「原 信夫とシャープス&フラッツ」や「宮間利之とニューハード」から、さらにブルーコーツ出身などフリーで活躍の、まさにキラ星のごとくのメンバーを揃えてスタートした。
当初は吉祥寺の「MANDALA2」で毎月1回定期ライブを行っていたが、途中から「南青山MANDALA」に移り、現在も大いにスイングしている。

ベニー・グッドマンの没後10周年(SWING TIMES結成10周年)は1996年、麻布の東京アメリカンクラブで。15周年(2001年)は横浜のホテル・ニューグランドで。さらに20周年(2006年)は浜離宮朝日ホールで、スイングファンを、グッドマンファンを集めて盛大に行うなど、スイング旋風を大いに吹かせてきた。
特に前回の20周年のコンサートには、アメリカからピアニストのエディ・ヒギンスを呼ぶなど、音楽的にも興味深いセッションを実現させた。

このブログ「SWING TIMES 25」は、今後の「鈴木正男&SWING TIMES」の活動と共に、さまざまな情報、エピソードなど混ぜて、スイングの楽しさ・面白さをお伝えしていく。
ご意見やご要望、あるいはお聞きしたいことなどがあれば、遠慮なくご連絡をいただければありがたい。
Masao Suzuki

まずは前回の南青山MANDALAでのライブ(6月28日)のプログラムとメンバーをお伝えして、その第1回としよう。
第1部
1) Let’s Dance 2) Don’t Be That Way 3) Six Flats Unfurnished 4) Jersy Bounce 5) When You’re Smiling 6) Everything I Love(vo) 7) Skylark(vo) 8) I Thought About You(vo) 9) Do You Know What It Means To Miss New Orleans? 10) Humoresque
第2部
第二部の演奏はグレン・ミラーを中心に━
1) Anvil Chorus 2)St. Louis Blues 3)Johnson Rag 4) Moonlight Serenade 5) In The Mood 6) Just Squeeze Me(vo) 7) I Fall In Love To Easily(vo) 8) Get Me To The Church On Time(vo) 8) The Happy Session Blues 10) Sleepy Lagoon 11) Festival And Children
この「Festival And Children(祭りと子供)」は、リーダー鈴木正男の兄、故鈴木章治の作品である。
最後にアンコールで、リクエストの「Take The “A”Train」で締めくくった。

生まれた経緯からもお分かりのように「鈴木正男&SWING TIMES」はベニー・グッドマンにこだわっているから、編成もB.G.スタイルでトロンボーン3本、サックスがバリトン抜きの4本(テナー2、アルト2)に、あとは普通どおりトランペット4本に4リズム(ピアノ、ギター、ベース、ドラムス)である。(が、この日は事情でトランペットが5本。)
メンバーは━
トランペット:菊池 宏、岸 義和、富田直登、田中 充、上石 純
トロンボーン:内田光昭、吉池健二郎、駒野逸美、
サックス:田辺信男(ts)、唐木洋介(ts)、鈴木孝二(as)、高橋里実(as)
ピアノ:大橋高志、ギター:蓮見芳男、ベース:古里純一、ドラムス:八木秀樹
そしてリーダーでクラリネットの鈴木正男とヴォーカルの長田明子。

次回の南青山MANDALAでの定期ライブは8月31日(火)である。
是非一度、ベニー・グッドマンの、グレン・ミラーの、スイングのナマの世界を楽しんでいただきたい。

【2010/08/19 06:33】 | SWING TIMES
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。