アコースティックで、ハッピーなSwingのオーケストラ「鈴木正男& SWING TIMES」のブログ。頭の奥に、心の裏側に、身体の隅々まで届く軽い音楽のメッセージ。2011年には25周年を迎えます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり秋になった。
不思議なもので暑くてうんざりしているときは食傷気味でなかなかそんな気も起きなかったが、秋めいてきた途端にライブでもCDでも、その気になってくる。今年は少々遅くなった。
前回、「夏を惜しみすぎると、秋に遅れます。」と紹介した、「鈴木正男 & SWING TIMES」のCo-Leaderでありヴォーカリストの長田明子CD「WINTER MOON」に続いて、「MY ROMANCE」を紹介しよう。まさにちょうど良い季節になった。

前回もお話したが、長田明子はすでに3枚アルバムをリリースしているが、前回紹介した「WINTER MOON」は一番後(2006年)で、今回の「MY ROMANCE」が最初(2001年)である。間に「A TIME FOR LOVE」(2002年)があるが、それはまた後日紹介することにする。
MY ROMANCE

1曲目の「Bewitched」(魅惑されて)が流れ始めて、それにしてもうまいなぁ!と改めて聴き入ってしまった。
ライナーノーツで評論家の瀬川昌久氏も書いている。
ジャズは、そのアーティストによって千差万別のスタイルがあり、その個性や特色の違いがあるからこそ、それをききわける楽しみや面白さが生まれてくる。(中略)
非常にストレートに素直に歌う歌手もあれば、個性的なスタイルを強調してアピールする歌手もいる。個性をもつことは悪いことではないが、そこに説得力がなければ、単なる「個人的な癖」に終わってしまう。(中略)
日本人歌手の唄をきく度に、その歌い方の個性と説得力が調和しているかどうかが、気にかかる。(中略)としたうえで━
長田明子のアルバムを受けとって、①の「ビウイッチド」をきき始めた途端、彼女がこのレコーディングまで、満を持して、長い経験をつんできた努力が、まさに正解だった、と強く感ぜられた。音楽大学オペラ科で、声楽を専門的に受講して以来30年の間に、彼女が習得した数々の音楽とボーカルの体験が、このアルバム13曲の中に凝縮されて、長田明子ならではの優れた歌唱力が光り輝いている。━と言い、また━
最近きいたボーカル・アルバムの中で、これほど凡ゆる条件が理想的に整って制作された例は他にないと思った。━とも書いている。(2000/10/15)

1曲目の「Bewitched」をはじめ、「Autumn In New York」、「Someone To Watch Over Me」、さらにタイトルの「My Romance」など、誰もがよく知るスロー・バラードの味わいを、詞や曲のうまみをさらに掘り下げて教えてもらったような気がする。
それにどうしてこんな風にうたえるんだろう、と改めて不思議に思う。いつの間にか彼女の空気の中にすっぽりと入り込んで、じっとしている自分がそこにいる。
レコーディング中の長田明子

かといってスロー・バラードばかりでなく、スインギーなナンバーも独特のスイング感が何とも言えず快い。
特にデューク・エリントンの「Just Squeeze Me」(詞 リー・ゲインズ)は楽しめる。ピアノトリオのバックなのに、何だかオーケストラをバックに歌っているかのような不思議な抑揚とダイナミックさを感じる。

そう、前回の「WINTER MOON」の時にも書いたが、この長だ明子のCD3作はピアノの巨匠エディ・ヒギンズがバックにいる。
今回の「MY ROMANCE」はベースとドラムスとのトリオだが、このトリオがまた良く、長田明子の歌を、ムードを引き立て楽しませてくれる。何ともいえない、絶妙なコンビネーションである。
エディ・ヒギンズのピアノにひかれ、どうしてもとお願いしたという長田明子のレコーディング・ディレクターとしてのセンスのよさの表れでもあろう。

1, Bewitched(魅惑されて)
2. Autumn In New York(ニューヨークの秋)
3. East Of The Sun (And West Of The Moon)
4. I’ll Be Around
5. Close Your Eyes
6. If Someday Comes Ever Again
7. Sposin’
8. We’ll Be Together Again
9. Someone To Watch Over Me
10.Just Squeeze Me (But Don’t Tease Me)
11.My Romance
12.What Are You Doing The Rest Of Your Life?
13.While We7re Young

AKIKO OSADA (vo)
EDDIE HIGGINS (pf)
MICHAEL MOORE (b)
JOE ASCIONE (ds)

ビッグ・バンドでの長田明子もいい。が、エディ・ヒギンズ・トリオでの長田明子には滲み出るペーソスがある。一人静かにそっと浸ってほしい。
お問い合わせ、またご注文はこのブログでも受け付けている。
rednow@jazzland.jpまでご連絡いただければ━
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

【2010/09/29 22:18】 | CD紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。