アコースティックで、ハッピーなSwingのオーケストラ「鈴木正男& SWING TIMES」のブログ。頭の奥に、心の裏側に、身体の隅々まで届く軽い音楽のメッセージ。2011年には25周年を迎えます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何十年前かの、化粧品会社のヘッドラインをつい想い出してしまった。
前稿で約束をした、当ブログ主「鈴木正男 & SWING TIMES」のCo-Leaderであり、ヴォーカリストの長田明子のCDについて書こうと思い、CDを聴き出してふと想い出したフレーズである。

長田明子はすでに3枚のCDをリリースしている。
「MY ROMANCE」(2001年)、「A TIME FOR LOVE」(2002年)、「WINTER MOON」(2006年)。そして注目すべきはそのいずれのCDにも、名ピアニスト エディ・ヒギンズがバックにいるということ。
いわばAKIKO OSADA with EDDY HIGGINSシリーズということである。この酸いも甘いも噛み分ける大ベテランのエディ・ヒギンズだからこそ、長田明子の噛みしめながら歌い味わう良さを引き出し、楽しませてくれているのだと思う。
(「MY ROMANCE」と「A TIME FOR LOVE」はトリオ。「WINTER MOON」はギターとのデュオ)
今回はまず「WINTER MOON」からご紹介しよう。この百何十年振りかの猛暑日連続のさ中に「WINTER MOON」もないだろうが、前述のように、夏を惜しみすぎると‥ではないが、じっくりといいヴォーカルを味わって欲しい。
WINTER MOON

今年の夏は異常な暑さで、9月に入ってもまだとんでもない暑さで、そんな中で「WINTER MOON」を聴いた。
1曲目の「Left Alone」のヒギンズのイントロが流れ、長田明子のよく通る落ち着いた声での━Where’s the love that’s made to fill my heart? …との歌いだしが耳に入ってきた途端、冒頭のフレーズを想い出した。
それほど彼女の歌は、暑さに押しやられていた秋の味わい深さをそっと引き寄せてくれた。(そうだよ、我々にはこういう楽しみがあったんだ。暑さにうんざりばかりしてられない‥うっかりしていた。)

「Stompin’ At The Savoy」もそう。スイングのお馴染みのナンバーとして、ほとんどがインストルメンタルで聴くことが多いが…そうか、こんな風にして味会うこともできるんだと、新しい発見があった。
そういえばこのアルバムを聴いていて、新しい発見というか新しい味わいを教えてもらったという想いをもったナンバーが幾つかあった。

それはもしかしたら、彼女のオリジナルのメロディーを、曲想を大切に歌う歌唱法にあるのではないだろうか。
巧みに歌うヴォーカリストでも、この人はオリジナルの曲をちゃんと知っているんだろうか、と思わせるような‥誰かのフェイクを、アドリブをとってつけたように歌い込んだりするのは、その誰かの歌を元に憶えて歌っているからだろう。
そんな初歩的なことは別にして、長田明子の歌にはオリジナルの曲の、決して軽佻浮薄なジャズっぽさなどをおっかけない堂々とした歌心があるように思う。
長田明子

長田明子は東京声楽専門学校(現昭和音楽大学)の本科、オペラ科に在学し、ソプラノの砂原美智子とアルトの川崎静子に師事した。
1971年から’85年までキティ・レコード制作部に勤務し、小椋 佳や上田正樹ら多くのアーティストのレコーディング・ディレクターをつとめた。
1986年、ベニー・グッドマンの死を機に、クラリネットの鈴木正男と共同でビッグ・バンド「SWING TIMES」を結成。(以下はプロフィールを参照)
クラシックを勉強し、多くのアーティストの活動をじっくり眺めた上でのヴォーカルである。

「WINTER MOON」の全曲目は━
1. Left Alone 2.Stompin’ At The Savoy 3.More Than You Know 4.Summer Song 5.I Love You Porgy 6.Poor Butterfly 7.How Deep Is The Ocean 8.Old Devil Moon 9.Can’t Help Lovin’ Dat Man 10.I’m Beginning To See The Light 11.All This And Heaven Too 12.Get Out Of Town 13.Winter Moon 14.Young And Foolish
またパーソナルは━
EDDIE HIGGINS(pf), JOE COHN(gui.)

是非一度お聴きいただきたい。
まだまだ、9月になったというのにいつ暑さが衰えるか予想もつかない。秋の豊かさを、楽しみを告げるともいえる、長田明子の「WINTER MOON」である。
お問い合わせ、またご注文はこのブログでも受け付けている。
rednow@jazzland.jpまでご連絡いただければ━
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:CDレビュー - ジャンル:音楽

【2010/09/04 20:37】 | CD紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。